Everything OK

TwitterID:@mukadontyan

格安ビジネスホテルで雑な朝食バイキング食べたい

夏になれば身体が勝手に元気になると思っていたがそれは間違いでただひたすら精神をすり減らしながらバイトをしている。そろそろ疲れた。格安ビジネスホテルで死ぬほど雑な朝食バイキングが食べたい。

 

朝起きて館内着のままバイキング会場に向かって受付で眠そうにしてる人に挨拶してから席に座りたい。それで座る椅子は完全に綺麗な感じじゃなくて少し小汚いと逆に風情が出る。経営が不安になるくらい汚いイスだとむしろアリ。

 

メニューの種類も少なくていい。逆に少なすぎて怒りを覚えるくらいのラインがちょうどいい。でもあまりにも少なすぎると怒りを通り越して何か不安になるのでその辺のラインの見極め方が難しい。僕はパンが好きだからパンにつけるジャムの種類はいちごジャム以外に、もう1種類くらいあると嬉しい。なくても1種類あれば嬉しい。

 

パンを焼くトースターの電源が抜けてたりするといい。電源がついているものの壊れてたり変な音がすると逆にいい。こういうところにクレームを入れる馬鹿は人間としての基礎が出来ていない。

 

スクランブルエッグもしっかりしたやつじゃなくて、なんか心が不安になるくらいグチャグチャでも大丈夫。美味しそうだな~って思いながら自分のお皿に取ってみたら形が崩壊してもいい、むしろアリ。インスタに載せないし。

 

コーンスープはあると嬉しい。コーンスープ、大事なポイント。それにコーヒーがあった瞬間にその日は勝利が確定する。今までずっと5戦連続未勝利戦7着だった馬が蛯名に乗り替わりで一気に1着になる感じ。

 

それで数少ないメニューと胃袋と相談しながら自分の好きなモノだけをお皿に載せたい。多分こういうバイキング会場にはインスタ映えを気にしながら盛り付けしてるニンゲンは1人もいないし、いてはいけない。格安朝食バイキングはインスタの時間じゃなくてニンゲンのエサの時間なのだから。

 

デザートは雑に切られたフルーツもいいけど、やっぱり普段は食べないような量のヨーグルトをまとめて食べたい。雑に切られたフルーツも少し添えて、盛り過ぎた事を若干後悔しながら全部食べたい。

 

おなかいっぱいになって、食べ過ぎたことを後悔しつつ、固いベットで二度寝したい。

そのまま死にたい。

馬券が怖い

馬券が怖い、死ぬほど馬券が怖い。20歳になってpatを開設してから少しずつ買っていた馬券の収支を計算したら驚いた。こんなに人間負けても少しずつ負けたら気づかないんだなって。別に馬券を買うことが悪い事ではないし稼いだ金は好きに使えばいいから馬券を買うのは全然いいと思う。でも、自分は2年間馬券を買い続けてきて少しくらいは勝ってると思っていたが冷静にデータにしてみると年単位ではしっかり負けている。馬券が怖い。

 

馬券が怖いといっても競馬が嫌いなわけではない。3連単や3連複の配当を見て10万馬券とかになっていた時に少し惜しかったなと思ってまた次も淡々と買ってしまう自分が怖い。何が怖いって馬券をいくら買ってもその先に光が見えない。

 

元々物欲とかはあまりないほうだと思っているので、例えば馬券で3万円とか5万円とかプラスになってもそのお金で馬券を買ってしまう。ゴールが見えない、怖い。Twitterのタイムラインを見てると普通にみんな1レースに1万円とか多い人になると10万円以上の大金を突っ込んでいたりするけど10万円あれば普通に家族で近距離にプチ旅行とかできる金額じゃないですか、知らないけどさ。

 

普段ラーメン屋でチャーシューをトッピングしようかどうか悩む人が馬券になると平気でラーメン1杯分の金額を賭けてるんですよ。怖くないですか。

 

っていうかそもそも100円が大金なのも忘れてた。小学生の時とかよく友達と駄菓子屋にいって100円分のお菓子何を買うか悩んでたじゃん、100円とは言わなくても1000円で銭湯行ったりジュース飲めたりして人は幸せになれるのになんでわけわからない馬に1万突っ込んで不幸せになってるんだ。本当に馬券怖い。

 

たまに当たるから余計たちが悪い。脳って悪い事は忘れるようになってるから当たった時の事ばっかり覚えてるんだよね。そうすると全体では自分の口座残高がジワジワ減ってもなんか負けてる気がしない。だって取り返せると思ってるんだもん。でも馬券って他の馬券購入者との金の奪い合いで金を奪い合う前に予め胴元が手数料引いてるから勝つことが難しい。これは体感値だけど馬券購入者のうちの8割は負けてる、負け続けてる。でも馬券を買うんだよ。意味が分からないよね。別に馬券を買えって強制されてるわけじゃないのに馬券を買うんだ。わけわからないよ。

 

麻雀のプロと一緒に麻雀したときに偶然配牌がよくて1戦勝てる可能性はあるが、試行回数が大きくなれば大きくなるほど勝てなくなるみたいな話をすればある程度の人には共感してもらえると思う。これと同じ現象が馬券の世界でも起きている。上手な人は年単位で勝っているが負けている人は悲しい事に本当に勝てない。でも馬券を買う。

 

冷静に過去のデータを見れば負けることが予測できるはずなのに自分だけは例外だと思ってたりして馬券を買うから怖い。競馬はスポーツとしてみればめっちゃ面白いし、パドックで馬を見るのは好きだけど2年間馬券を買い続けて自分は馬券で勝てる気がしないという結論に至った。というか、今のままの購入方法では馬券で絶対に勝てない。宝くじを投機目的でやる人がいないように馬券も投機目的でやる人なんて殆どいないのかもしれないが、やるからには馬券で勝ちたい。でもやっぱり勝てる気がしない。

昔々トラビアンってゲームが流行ってたんだよ

今は2017年でみんなが気軽に携帯やパソコンでクオリティの高いゲームをしてるけどさあ、もうちょっと昔、そうだなあ、9〜10年くらい前かなあ。その時のゲームの話をおじさんはしたくなっちゃったんだ。良かったら読んでいってくれると嬉しいなあ。

 

中学生の時、友人から勧められて巨商伝ってゲームをやってたんだ。

f:id:Mukadon:20161010230415j:image

まあ俗に言うMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)ってやつ。巨商伝の特徴は普通のRPGに商売の要素も組み込まれていて、ゲームの中で自分で商売が出来たりしたんだ。モンスターを沢山やっつけてレベルを上げるもよし、人脈を広げたり交易をしてお金を稼いでお金持ちになるも良し、チャットをしてワイワイやるもよし、とにかく自由度が高かった。「銭ねえ奴は人間じゃねえ!」みたいな広告もあったと思う。

 

 

その巨商伝の一部の界隈で「トラビアンってゲームが面白いらしい、みんなでやらないか?」という話が出るようになった。

 

新しいモノ好きな僕はスグに飛びついた。

まだ日本で始まってないから説明は英語、サーバーもイギリスのサーバーを使う。わからない英語があったら聞けば教えてくれるそうだから大丈夫だった。

 

トラビアンは自分が1つの村を持つところから始まる。

ちなみに自分の村の初期画面はこんな感じ。ああ懐かしい。

f:id:Mukadon:20161010231959p:image

 

ゲーム序盤は村の資材や穀物を生産する速度を上げて、村の中で建物を建設したりする。

リアルタイムで進行していくので、寝ている間に資材がたまって、起きたら資材が溜まってて、画面をクリックすれば建設スタート、あとは待ってるだけ。今のスマホゲーで言ったら資源の溜まり方はclash of clansに近いシステムだね。

 

人間、自分の領土を広げたい生き物。トラビアンはある程度村が育てば2つ目の村を持てるようになる。2つ持つと必然的に資源が溜まる速度も倍になるので、今度は倍近い速度で3つ目の村を持てるようになる...気づくと無課金プレイヤーでも村が5〜7個持てるようになる。そのくらいになると複数ある村の管理に追われたり、敵プレイヤーを攻撃出来る兵士を沢山作れるようになる。兵士は敵の村に送って敵の資源を奪うことが出来る。

 

「農耕だけやってたいんだい!シムシティしたいんだい!」

と言う人も当時は沢山いたが、そんな人達は根こそぎ他のプレイヤーから資源を奪われてしまう。資源を奪われると何も出来なくなる。つまり資源を守るために農民達も軍政政治をする人も兵士を雇ったのだ。兵士は穀物を消費する。何もしないと穀物を食べられて終わりなので、今までは大人しく農耕をしていた人達も自分より弱い人を攻撃して資源を奪うようになる。強いものが弱いものから奪うという地獄のような世界がそこには待っていた。

 

 

 

また、リアルタイムに進行していく...と言った。つまり深夜に攻撃されると寝ていて気がつかないのだ。それに気づいた廃人達のチームは、3人組をつくり、8時間交代でお互いの村の安全を確認する人達もいた。(シッターという制度があり、承認した人に自分の村の管理を任せる事ができた。)当時の日本人プレイヤー達は物凄い盛り上がりを見せていた。中国人に粘着攻撃されて報復したりイギリス人を中国人と手を組んでボコボコにしたりした。

 

 

ゲームの中盤になるとカタパルト(catapult)という兵士を運用する事ができるようになる。これがこのゲームの面白いところで、恐ろしいところだ。

カタパルトというゲームが出てくるのは大体ゲームのサーバーがスタートしてから3か月くらい経ったころだったと思う。これは恐ろしい武器で、作るのが大変なのだがこれを使えば相手の3か月かけて作ってきた村を一晩で破壊できる恐ろしい兵器だった。3か月かけて作ってきたものを壊された人は9割近くが心まで壊されて無事にゲームから出ていくことになる。このゲームでは弱い人は徹底的に駆逐され、ゲームのデータを消していく。

 

弱い者は強い者に資源や近所の土地を融通して守ってもらい強いものは弱いものから根こそぎ奪う。まあ今の現実の日本の資本主義と変わらないのかもしれない。とにかく毎朝毎晩のように自分の村をせっせと拡張し軍事を拡張していった。中学生だった自分は恐らくそのメンバーの中で最年少だったと思う。自分を守ってくれる人は殆どニートだった。24時間パソコンの前に張りつくことが出来て人間同士の関係を丸く収めることが出来る人が勝つゲームだった。僕はそのゲームを夢中でやっていた。このゲームには終わりがある。ワンダーオブザワールドという建物を完成させた集団がそのサーバーを制したことになりこのゲームの勝者となる。これを完成させた集団がゲームを終わらせてゲームの勝者になる。自分でも何を言ってるのかわからないし言いたいことの1%も伝わってないかもしれないけど、昔夢中になっていたゲームのことを思い出すとなんだか幸せな気持ちになれる。大体のゲームにはストーリーとしての終わりは用意されているかもしれないがゲームとしての終わりは存在しないがこのゲームには存在した。終わりが見えているからこそ、今の仲間で戦える時間は有限で貴重なものだった。

 

もし君が今やっているスマホのゲームやオンラインゲームも将来的にサービスが停止して何もプレイできなくなる時が来るかもしれない。でも絶対に心の中に楽しかった思い出は残るはずだ。ゲームだからと適当にやるんじゃなくてゲームだからこそ全力で取り組んでほしい。

 

 

中学生の頃の自分が今の自分を見たらがっかりすると思うけど、もう少し生きたらまだまだ楽しいゲームに出会えるということは教えてあげたい。

 

外に出られなくなった引きこもり

詳細は省くがバイト先が嫌になり突然のバックレを決行してから気が付いたら1か月半も経つことに気が付いてしまった。最初のほうはアルバイトでもいいから何かやりなさいと言ってきた親がもう何も言わなくなった。気が付いたら外に出られなくなった。1度だけバイトの面接の電話をしたが外に出るのが怖くなって外に出られなくなった。なぜ外に出るのが怖いのか自分でもはっきりとした理由はわからないが外に出るのを身体が拒否しているのは事実である。1日の大半を現実逃避して過ごす、2週間に1度の通院以外は殆ど家で寝て過ごしている。生産性はないしたまにDMMでえっちなビデオを購入すると貯金残高はジリジリ減っていく一方である。せっかく親切なフォロワーの方が大好きな中京競馬場に連れて行ってくれると言ってくれたにも関わらず人ごみの中で気持ち悪くなることを想定していくのをやめてしまった。なぜ外に出られなくなったのかはわからないが、人間は習慣の生き物である。起きたときやご飯の後に自然に歯磨きをするようにずっと引きこもっているとそれが自然になってしまう。1度外に出て病院に行ったりすると酷く体力を消耗する。もうそれで1日が終わったような感覚になったしまう。今週の競馬と競艇は大負けしたのでいい加減そろそろ働かなければと思うのだが指は動いても身体が上手に動かない。多分、身体と脳は繋がっていてどちらかがダメになると両方ダメになっていくと思う。3月になったら働こうと決意していた2月25日あたりから気が付いたら1か月も経過していた。もしも週に1度でも外に出て働けるようになったら同じように困ってる人のために立ち直り方みたいなものを書ければいいと思う。

春が来てしまった

僕は三回ほど留年や休学をしてるのでまだまだ卒業が程遠いが、春休みは女子大生がSNSで火花を撒き散らす季節である。旅行に行くツイートからはじめて、旅先での景色や料理の写真をこれでもかというほどTwitterinstagramにアップロードして自分の充実している様子を見せつける。また、基本的に彼氏がいることを公表してない女子大生に限って写真のどこかに男だとわかるような袖や腕時計の写真が入っているのである。もうこれが温泉旅館の一室なんかでの写真だったりすると、「私はこれから料理を堪能した後に男根を堪能します。」と言っているような気分になりとても興奮する季節、即ち春がやってきた。

 

また、文章の片隅にも彼氏がいることを匂わすことは忘れない。そもそも大体の女子大生のSNSのアカウントは文章に論理性がない。このブログには倫理性の欠片もない。さっきまで料理の話をしてたかと思えば突然「いつもありがとう。」とか意味深な一言で文章を占めたりする。僕から言わせてもらうと、そのいつもありがとうに込められてる意味を想像して興奮してしまう。そんな季節、即ち春がやってきた。

 

3月の月曜日は統計で最も自殺が多い時期らしい。死なないように積極的に呼吸をしていきたい。いつもありがとう。

日曜の昼間から怒りが収まらない

お昼、何もすることがないのでテレビをつけた。なんとNHKでのど自慢大会というものがやるらしい。そんなに卑猥な大会をNHKでやるのか?のど自慢ってどう考えてもフェラチオの技術を競う大会じゃないですか。うわぁ、おじさん楽しみだなあ。早く見たいなあ。そう思いながらチャンネルをNHKに合わせたんですよ。そしたら始まりました。

 

NHKのど自慢大会〜!今日は千葉県からお送りします!」

 

へえ。千葉県の人がフェラチオをするのかぁ。やっぱり首都圏ということもあって人口が多いから大会に出てくる人のレベルも高いんだろうな。期待するじゃないですか。履いてるジーパンはパンパンじゃないですか。家に誰もいないのを確認してジーパンを下ろしますよ。

 

「今日は小学6年生から91歳までの人達が集まりました〜!」

 

いや、ちょっと待てよ。おかしいだろ。91歳はまだわかるよ。小学6年生ってなんだよ。確かにアイドルマスター双海真美ちゃんのえっちな本で抜いたことはあるよ。小学6年生、だけどそれを昼間から公共の電波を使ってやっちゃダメでしょ。

 

「1番!365歩のマーチ歌います!」

 

いやいや、今からのどを自慢するんでしょ。審査員の千昌夫さん来てますやん。ほら、さっさとスーツ降ろしてしゃぶらんかい。

 

ああ、わかったぞ。流石に日曜の昼間からちんちんをテレビに映すわけにはいかないよな。マイクをしゃぶって技術を披露するんだな。わかったわかった。期待しながら画面を見てたら鐘の音がなったんです。

 

あれ、妙に変だなあ。

鐘の音を聞いてこの人達は一喜一憂してるぞ。

 

だっておかしいじゃない。フェラチオの技術を競う大会なのにこの人達はおちんちんじゃなくてマイクを握ってる。

 

あたし気づいちゃった。これは歌を競う大会だって。

 

 

さて、競馬でも見ますか。

 

ラーメン屋の頑固親父だって打たれ弱くピュアな時期があったんだよ

人間は環境に応じて進化する生き物で今現在も進化し続けている。種を残すために進化し続ける。君がよく行くラーメン屋の頑固親父だって、中学生の頃があって、陰毛生えるのが周りよりも遅くて黒のマッキーで陰毛を書いて登校したり、好きな女の子に告白して付き合うも何を話せばわからなくなって相手の興味のない野球の話をしたりして滑ったりして今があるんだ。

 

人間失敗する生き物だ。ラーメン屋の頑固親父だってモテたくてなんとなくサッカー部に入部するも周りとノリが合わなくて浮いてしまったりする。ラーメン屋の頑固親父だって得意な日本史の勉強のテスト範囲を間違えて勉強してて赤点を取ってしまったりする。ラーメン屋の頑固親父だって好きな女の子を無事にデートに誘うも口下手だから喫茶店に入るも会話が上手に出来なくて家に帰ってから1人で反省したりする。

 

 

ラーメン屋の頑固親父は大人になってからも失敗する。新卒で入った会社の上司に認められなくて悩んだりする。会社に入って4年目になって仕事に慣れて来た頃に大きなミスをしてしまい周りからの信用を失ってしまったりする。まあ、このくらいのタイミングで会社の事務員の女の子に声をかけられて時々会社帰りに飲みに行ったりご飯を食べに行ったりする。

 

中高生の時の失敗を活かして話題もいくつか用意しておいたラーメン屋の頑固親父、笑顔の素敵な事務員さんの前では何度か話題が飛んでしまうが幸せを感じたりする。

 

「2人きりの時は名前で呼んでくれません?」

そんな風に笑顔の素敵な事務員さんに言われたラーメン屋の頑固親父、結局その日は恥ずかしさから名前を呼ぶことが出来ず家に帰ってから悲しんでしまう。

 

会社に入って7年目、25歳、ラーメン屋の頑固親父は事務員さんにプロポーズ、会社の近くにオンボロアパートを借りて2人3脚で人生を歩んだりする。

 

会社に入って10年目、ラーメン屋の頑固親父、会社を辞める決意をする。お腹に赤ちゃんがいる妻を支えながら小さなお店を借りてラーメン屋を作る。昔から好きだったラーメンを仕事にする。

 

売上不振、理不尽なクレーム、色々な事に耐えて来た。理想を追って現実から身を乗り出したら、理想の先にはもっと辛い現実が待っていた。妻と二人三脚で地域の人から愛されるお店になった。

 

子宝にも恵まれた、裕福な暮らしとは言えなかったが三人の子供達は気づいたら大人になっていった。

 

床がギトギトで清掃が行き届いてない店内、無愛想なラーメン屋の頑固親父だって打たれ弱くピュアな時期があったんだよ。

 

 

そう考えるとなんだかラーメン屋の頑固親父が可愛く見えて来ませんか?

 

 

俺は絶対に見えないね。見えたら頭おかしいよ。