Everything OK

TwitterID:@mukadontyan

ペルセポリス仙台の話とイングレスが最高って話

ペルセポリス仙台に行ってきました。
こんにちは。むかどんです。
今回はDARSANA、shoninに続き3回目のアノマリーであるPersepolisに行ってきました。とりあえずイングレスは最高!ってことを書いていきたいと思います。これを読む人も「ああ、確かにイングレスは最高だな。むかどんと同じ緑陣営ではじめてみようかな。」みたいなスタンスで読んで頂けると嬉しいです。

まず、アノマリーとは何かを説明したいと思います。実のところ3回参加してる僕もよくわかってないんですけど、イングレスのお祭りみたいなものです。この戦いの結果でイングレスのこれからの物語が変わります。この青VS緑で競う戦いが3ヶ月に1回のペースで行われています。まずこの時点で最高ですね、他のスマホのゲームは3ヶ月に1回も大会とかやりませんよね、大会って言ってもいわゆるガチ勢しか参加出来なくてゆるくゲームしたいだけ...の人は参加出来ませんよね。しかし、イングレスはゆる〜くゲームをプレイしてる僕みたいな人も参加出来るんですよ!勿論無料!最高じゃないですか?最高ですよね...ちなみに今は仙台の帰りの電車の中でこの記事を書いてるんですけど可愛いお姉さんが僕の隣でウトウトしてて僕に寄りかかってるんですよね...イングレスやってなければこんな事体験出来なかった!!!イングレス最高!!!つまりイングレスは最高なんですよね。今回参加を決意したのは留年が確定して実家に帰省していたこともあり3日前なんですけど、某緑陣営の人達は暖かく私をチームに加えてくれました。嗚呼、最高ですね。最高。実際にイベントに行くといろんな人達に会えます。日本全国は勿論のこと、色んな場所からイングレスをプレイするために人が集まってますからね、共通の話題で盛り上がることが出来ます。普通のオンラインゲームって画面の向こうに人がいることってなかなか実感出来ないじゃないですか。でもイングレスは違うんですよね、ポータルって呼ばれるアクセスポイントまで行かないとプレイ出来ないので自然と会う機会が増えるんですよ、画面の向こうにいる人とも会う機会というものが増えます。最高ですね、最高。僕は今回留年が確定して結構落ち込んでた(あんまり落ち込んでない)んですけど、僕が留年をしたことを知っている北陸のエージェントさん(イングレスをプレイする人のことをエージェントと呼ぶんですよ。かっこいいですよね?最高ですよね?)たちは開会式の前に「あ、留年したムカドン君だ〜!いぇ〜い!」って言って盛り上げてくれたり、時には真剣なアドバイスもしてくれるんですよ。三留したエージェントさんからは「留年をすることによって人生に深みが出る」といった素晴らしいアドバイスを頂いたり、実際に社会人の人達から「社会に出てみると一留くらい大したことないよ」ってアドバイスを頂けるんですよ、うわ〜!イングレスしてなかったらこんなアドバイス貰えなかったぞ〜!画面越しに話しかけられるよりも、直接お話を聞いた方が、1億倍くらい話に深みや説得力が出ます。やっぱり人に会うことって大事ですよね。イングレス最高!最高!とにかくね、イングレスはね、最高なんですよ。ってかイングレスを通して出会えた人が最高なのかイングレスが最高なのかわからないけどイングレスがなければ絶対に会えななったわけだしイングレスは最高ですね...っていうか僕の周りの人殆ど留年経験があるけどなんだこれ...最高か...

別にアノマリーに参加しなくても普通にイングレスをプレイするだけでも身体を動かすので、お腹が空いて美味しいご飯を食べられたりして最高なんですよ。あと、自分の地域を知っているようでこんな場所があったんだ!ってポイントも見つけることが出来ると思います。自分の住んでる地域の魅力を再発見出来る。最高。僕の話になるんですけど、大学一年の期間は大学をやめることしか考えてなかったし、住んでる街のことも嫌いだったんだけど、イングレスをはじめてから変わったんですよね、少しずつだけどこんな場所にこんなお店があったんだ!とか、ここの神社って面白い!とか色々発見出来るんですよ。イングレスをする時にポイントになるポータルって文化的なものとか、面白いものがポイントになってるので面白いですよ。街を歩くのが楽しくなるんですよ。うわっ、イングレス最高...

話が脱線してしまいました。仙台アノマリーの話に戻します。私はアノマリーの雰囲気が大好きです。いい年した大人達が真剣に自分の地域の勝利のために全力で戦うんですよ?楽しくないですか?最高じゃないですか?
(学生のみんな〜!遊び心を忘れない大人ってめちゃくちゃかっこいいぞ!!!話してて楽しいぞ!!!こんな大人になりたいなあって人に沢山会えるぞ!!!)

そしてクラスタ戦、要するに青と緑の殴り合いがはじまると、1つのポータルを数十人で奪い合うんですよ、計測時間は10分間あるんですけど、計測時間にポータルの色が自分の陣営の色にならなければいけないから戦いは実質20分くらい行われるんですよね。その20分間はひたすら数十人のエージェント達が道の隅で携帯やタブレットの画面を忙しそうに操作しています。異様な光景だけど、私はこの光景が大好きなんです。時間が経つのも忘れるくらい夢中に、真剣になってポータルの奪い合いをします。計測は4回にわけて行われるんですけど、4回の計測は全て別の場所なので移動するんですよ。イングレスしてなければこんな場所来なかっただろうな〜って場所に来れる。なんだか不思議な感じがして楽しいですよ。

ここに書いた以外にもイングレスの遊び方や楽しみ方は沢山あります。長くなったのでこの辺にしときます。

この記事を読んでイングレスに興味を持った人はイングレスをダウンロードしてプレイして見ましょう。
多分よくわからないと思うんで、その時は【初心者 イングレス】とかで検査してみれば解説サイトが沢山あるのでそれを見てやるといいと思います。それでもわからない時はTwitterで@mukadontyanにどうすればいいのか聞いてみてくれれば、手取り足取り穴取り教えます。はじめる時に青のチームか緑のチームかを選べるんですけど、この時はを選ぶのがポイントですね、是非次のアノマリーでも勝利して私と一緒に美味しいお酒を飲みましょう...うふふ


最後に、宿も足も玉も何もない僕をアノマリー前日から翌日のミッションDayまで3日間お世話してくれた新潟の琥珀さん!この御恩は一生忘れません!また長岡に遊びに行きます!一緒に戦った緑の皆さん!次も勝ちましょう!楽しく喧嘩をしてくれた青の皆さん!本当にありがとうございました!イングレス最高〜!イェイイェイイェイ〜!

とりあえず今学期の単位は全て落ちるのが確定したから少し早い夏休みのはじまりです...これからどうしようかなあ...