Everything OK

TwitterID:@mukadontyan

最低なAVを見た

私が月額480円で1万本の動画が見放題であるDMM.comの見放題chライトに加入したのは既に賢明な皆様なら既にご存知のことだと思う。

あれはいつものように、見放題chライトの動画の中で新着順で表示して何かいいブツはないかな〜〜と探っていたところ、評価が星1つのAVを発見した。星は5段階評価である、1番最低の1が選ばれるのはなかなかない。だって、基本的にこれらの作品はお金を出して視聴しているもの。数あるビデオの中から「これだ!」ってものを選んで購入して視聴する。それこそが今までのスタンスだったはず。それに星1をつけるなんて自分の選球眼がないんじゃないか?と思った。定価だと2480円、吉野家に家族で行けばみんながお腹いっぱいになって帰れる金額だ。マクドナルドに行けば5回くらいはハッピーになれるセットが注文出来るだろう。そんな2480円払って最低なAVを見せられたらたまったもんじゃないだろう。

私は運良く見放題chライトの会員だったため無料で見ることが出来た。とにかくそのAVの内容が最低だったためにここで感想を綴っておきたい。

素人系のアダルトビデオだった、よくある企画で街を歩く女性をナンパし※※※※※(自主規制)してもらおうという企画だった。ここ数年のマイブームは素人系だ。当たり外れの激しい感覚が軽いギャンブルをしているようで、そこも含めて楽しんでいる。AVが始まる。当然のことだが、ナンパは成功し女性とあらかじめ用意されていた部屋に入る。そこからはインタビュータイムだ、ここも素人系AVの見所の一つである。「可愛いね〜モテるでしょ?モデルとかやってる?声かけられて大変だよね〜」と言ったセリフで女の子をいい気分にさせてから「スタイルいいよね、何カップ?初体験はいつ?どこで?」など段々と質問内容がエグくなっていく。仕込み(AV女優が素人のふりをして参加すること)だと、インタビューは淡々と進むことが多かったがこのビデオは違った。恥じらう顔もしっかり映しナイスカメラワーク、さあそこから初対面の男の○○○(自主規制)を○○○(自主規制)するんですよ。そこで、ギャラ交渉ですよ。「脱いでくれたら最初言ってたギャラに+3万円するから!」と、素人系アダルトビデオをよく閲覧になっている皆様なら聞き慣れた台詞がテンポよく心地良く聞こえる。ここまでの中で僕のこのビデオに対する評価は星4の評価だった。悪いところは特に見当たらない。強いて注文をつけるならもう少し可愛い女の子をナンパしてほしかった。そのくらいだ。

可愛いアイドルみたいな女の子が○○○(自主規制)してる動画を見たいなら最初から女優単体系の作品を見ればいいわけで、僕のようなリアリティを求めてる人には顔の良さはAVの評価にそこまで大きく影響はしない。

いよいよ、ギャラの交渉も終わり覚悟をしたように男優の○○○○(自主規制)を素人女性のくちで○○○(自主規制)をする。

camera angle、おっと母国語が出てしまった。失礼。カメラアングル、女の子が行為に及ぶまでの流れ、全て完璧に近いものだった。暗い部屋で朝の9:00、大学生は1限を受け社会人は働いている時間の間に僕はビデオ鑑賞をしていた。音量はMAX。一応カーテンを閉める。

2分後、悲劇が起きる。「男優の声大きすぎる問題」だ。「あああああああんっ!いいっ!そこいいっ!」オカマ口調で坊主のオッさんが叫ぶ、その叫び声は7畳半の僕の部屋にも響き渡った。最悪だった。一般的なアダルトビデオでのセックスは男性と女性がいて成り立つ。なので、男優さんの声が入ってしまうことはよくあることであり仕方がないことではある(特に射精直前になると腹の底から声を出すような人は沢山いると思う。)

君は今まで食べたパンの数を覚えているか?という台詞と同じように僕も今までみたアダルトビデオの数は覚えていない。しかし、その中でも最悪の作品だった。

「ああんっ!いいっ!そこいいっ!貴女わたしのこと好きになってるでしょっ!んんっ!いいっ!」

いや、○○○○○(自主規制)中にここまで大きな声をだす男優ははじめてみた。この作品が星1つで購入者達が激怒していた理由も理解することが出来た。

しかもこのAVは4時間あり、素人女性は次々に変わっていくが竿役の男優は最初から最後までこのオッさん1人である。なんてタフな男なんだ。

このオッさんは誰が自分の○○○(自主規制)を口に咥えても自分のことを好きになったと勘違いするようで、大きな声で「ねえ!あたしののと好きになったでしょ!」と確認作業をしていた。素人のお姉さんが男優の○○○(自主規制)を※※※※※(自主規制)音も全く聞こえない。とにかくこのオカマのおっさんが叫ぶ、狂気のアダルトビデオだった。義務教育を受けて少し考える力があったらわかることだ。この女の子達はお金が目当てで″仕方なく″おっさんの(よりによってオカマ口調)○○○(自主規制)を※※※(自主規制)しているのだ。それがなんだ?「ふわぁぁん!気持ちいい一!ねえ!貴女私のこと好きになっちゃったでしょ!この舌遣い絶対そうだわ!」勘違いもここまで来ると酷いもので。僕はこのオッさんが叫ぶアングルを何度も何度も目に焼き付けてから右上の×ボタンを押して動画を強制終了させた。


萎えた僕はいつのまにか脱いでいたはずのパンツを履き終わり、今冷静な気持ちでこの文章を書いている。


あのオッさんはなんだったのだろうか。
愛に飢えていたのだろうか。
闇金ウシジマくんでも書いてあった。
″人が死ぬ時は1人″
オッさんは寂しかったのだろうか。
どこかでお金で繋がった女の子と一時的にでも結ばれたかったのだろうか。
オッさんがなんであんなに必死に叫んでいたのか僕にはまだわからない。もしかしたら10年、20年たってオッさんと同い年くらいになったらオッさんが叫んでいた理由がわかるのかもしれない。