読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything OK

TwitterID:@mukadontyan

風俗でハズレを引いた時の対応で男の度量が分かる

寒いと思ったら暑くなった、秋特有の人を馬鹿にしたような天気にうんざりしながらスターバックスのテラス席で優雅に読書をしているお姉さんも夜になればベッドの中でブックブックと大きくなったイチモツを挿入されて、コーヒーを飲んでいた時の顔とは全く違う交尾時の特有の表情をするんだから人間は面白い。

 

 

人生に置いて躓いた時にどのようなアクションを取るか。僕は色んな人を見てきた。自分の例だと大学に上手く通えなくなり心療内科に駆け込んだが、それはあくまでも一例であり...例えば辛くなると風俗に駆け込む人もいる。某winsでも「これがあたったらソープ!」といいながら半裸で馬を応援してる男性がいた。「いけっ!いけっ!ああっ!ああっ!あああああっ!」そう言いながら彼は膝から崩れ落ちて寝転がった。馬券が外れたのだ。

 

「負けても涙は流さない。男の子でしょ?」

7歳の時、一時期サッカーをやってたことがある。今でも覚えている。冬の寒い寒いグラウンドで地域1番の強豪チームと戦って、点を取るどころか殆どボールに触らせてもらえずに泣いた。その時の母の台詞を思い出した。

 

目の前には5万円を競馬で失った20代の男性がいた。しかし彼の眼から輝きは失われなかった。僕は心底尊敬した。そして次のレース、10万円がレースに投入された、半裸にならなかった、服を着ていた。アパートの一室で休日に馬を見る二十代独身男性二人、結局彼は五十万円負けた。涙は流さなかった。彼も男の子なのだ。その後に僕に焼き鳥を奢ってくれ、今後の僕の進路の話をした。

 

 

僕は今までラーメン屋、喫茶店、引っ越し、携帯電話の案内、某金融商品営業、等色々なバイトに取り組んできた。その中で何人か心の底から尊敬出来る先輩に出会えた。その中の1人を紹介したいと思う。僕は風俗の先生と呼んでいる。社内では男性器がとんでもなく大きいことでも知られている。普段は寡黙で大人しく自己主張をなかなかしないが風俗の話になると違う。彼は地域の風俗に滅茶苦茶詳しい。30代で実家住み、給料は全部お小遣い。そのお小遣いの使い道は風俗だ。彼はどんなにハズレの女の子が来ても丁寧に対応する。仮にスッキリ発射が出来なかった時も大人の対応をする。僕は彼が給料をほぼ全額風俗に使ってるから尊敬しているのではない。風俗狂いではない、ちゃんと女の子を1人の女の子として見てるのだ。ススキノという土地を御存知だろうか?男性の諸君なら知っている人が大半だと思う。要はえっちなお店が沢山あるところだと思ってくれればいい、彼は定期的にススキノに行き、お気に入りの嬢を指名してノンビリと楽しむ。彼は某店の副店長のため忙しい、そんな忙しさの中で2日間連続で休みを取れることは中々ないが、休みを取れることが確定した瞬間に東京から北海道までの飛行機のチケットを取り、静岡のお土産を片手にススキノに行き、射精をして、静岡に帰ってくる。その姿勢に惹かれた、彼もまた、僕と同じDMMの会員だった。彼のスマホを焼き鳥屋の席で見せてもらったことがある。購入したアダルトビデオ一覧を見せてもらった。いくらスクロールしても終わらない、一瞬ループしてるのかと思った、確認したが、違った。スクロールしてもしても読み込む、僕もアダルトビデオを購入したりネットの会員になっているが、初めて″格″の違いを目の前で見てしまった。恐らく軽く3桁のアダルトビデオを購入していた。話を聞くと気に入ったシリーズ物は全て購入しているらしい、大人買いもいいところだ。

 

 

 

ガチャを引いてハズレだった。

風俗のフリーでハズレだった。

パチンコの激アツリーチでハズレだった。

競馬の三連単で3着だけハズレだった。

 

 

 

当たりばかりの人生なんて何も面白くない、ハズレは人生を楽しくしてくれるスパイスだ。ハズレだらけの人生に乾杯。そう言いながら入力する僕のスマホの画面に眼から出た水が一滴垂れ落ちた。

 

※僕はこの文章をパチンコで5万負けた後に書いてます。