読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything OK

TwitterID:@mukadontyan

適応障害と高学歴病の話〜学歴コンプレックスで悩む20代の若者へ〜

気温が15度の時に人はどう感じるか、昨日が20度だった時の15度と、昨日が10度だった時では絶対にリアクションが違う。数字は物事を比べるのに適しているが、人間の感じ方までを数値化することはなかなか難しい。

 

学歴、一般的に最終学歴のことを指す言葉だ。僕はかつて半端じゃないくらいの学歴コンプレックスだった。今のTwitterアカウントである(@mukadontyan)を使い始めたのも高校を卒業間近に作られたものだった、無駄にプライドが高かったのに勉強は出来なかった。そのせいで仮面浪人という道を選んだ。結果はセンター試験で大きく失敗。単なる勉強不足だ。そこから元気に大学に通うことが出来たが、あくまでも元気なのは表面上だけで中身はコンプレックスで一杯だった。そして三年生になると、大学に向かおうとすると寒気や震えが止まらなくなり大学に行けなくなってしまった。パニック障害のような症状がひたすら出た。健常者の人からしたら考えられないかもしれないが大学の事を聞かれたり考えたりするだけで泣きそうになる。この記事も少し泣きながら書いている。

 

*仮面浪人=大学に行きながら再受験を目指すこと

 

なんで今更この記事を書こうと思ったか。それは昨日、偶然看護師の先生と30分お話する機会があって、そのお話に救われたからだ。ちなみに心療内科以外で適応障害に理解がある人に出会えたのもはじめてで嬉しかった。看護師の先生は60歳を過ぎていたのにパワフルで力強い方だった。

 

本当だったら聞いたことを文章に纏めたいと思ったが、上手く纏まらないので文章形式で書く。これを読んで1人でもいいので少しでも心が楽になってくれたら嬉しいと思う。

 

〜お互い自己紹介の後〜

「あんた、若いのになんでアルバイトなの。」

 

「今大学を休学中なんです。」

 

「健康そうだけどねえ。なんで休学中なの?」

 

「大学に通ってるうちに適応障害になっちゃって、そこから精神がやられちゃったんですよ。」

 

「なんで金沢工業大学なんて立派な大学行ってて適応障害になっちゃうの?」

 

「周りの友人達に比べたら偏差値低いんですよ、僕の大学。多分高校の時のクラスでビリのほうの偏差値ですよ。」

 

「な〜に言ってんのあんた、大学言ってるだけでも立派なのに学歴学歴言うんかい!うちで働いてたナース達もね、○○大や○○大を出たナース達が居たけど、みんなやたら理想が高くてね〜。結局新卒から最後まで生き残ったのはお馬鹿なところでた3人組だよ。そのうちの1人が私。雑草にならなきゃダメなんだよ、人間は。

 

大体服を脱げばみんな同じ人間だし、死ぬ時はみんな一緒だよ、あたしに言わせりゃ学歴より健康のほうが大事だよ。

 

不意に2015年頃の、このツイートを思い出したが顔には出さなかった。

 

f:id:Mukadon:20161114132505j:image

 

続けておばちゃん先生はこう言う。

 

人生ってのはね、修羅場を乗り越えなきゃいけない時が何度かやって来るんだよ。あんたの場合は今がその時かもしれないね。

 

おばちゃんの話に熱が入る。

 

「先生も修羅場くぐって来たんですか?」

 

「そりゃあ何度もくぐって来たし、乗り越えてきたよ。病院で辛いことがあっても、私は馬鹿な学校出てるからさ、病院で働けるだけで感謝してるのさ。それでも同じ看護師でね、○○大出た人達やそれより頭いい若い人も沢山入ってくるんだけど理想が高くてね。なんで私はここにいるんだろう。なんて疑問を思ったり、私はもっと上を目指してたのに...とか言い始めるんだよ。自分が今いる環境の有難さに目を向けずに上を見ちゃうんだよね。それでね、あなたみたいに適応障害パニック障害になってやめてっちゃうのよね。」

 

仮面浪人してた時の自分と、高学歴看護師さんが更に上を目指す姿がなんとなく重なった。

 

 

鬱や適応障害は脳が風邪引いてるのさ、これ以上悪化すると、もうずっと薬漬けになるよ。まだ22歳でしょ?若いじゃない。今言ってる話が腑に落ちないかもしれないけどね、心も身体も健康な状態が1番だし、そうでありたいね。

 

 

と、まあそれ以外にも雑談とかしたけどこんな話をしてくれました。

 

Twitterを見てると僕よりも偏差値の高い人ばかりだし、その人達はさらに上を見て悩んでいたりする。有難い事にTwitterの競馬仲間を通して社会人と会う機会が何回かあった。みんな口を揃えて「働き始めちゃえば学歴はそこまで関係ないよ!」と話す。例外はあるだろうが年齢を重ねると共に学歴コンプレックスは薄れていくと考えている。

 

あと、この話とは関係ないけど50歳過ぎた女性でも性欲が「ある」ことを学びました。現場からは以上です。