Everything OK

TwitterID:@mukadontyan

馬券が怖い

馬券が怖い、死ぬほど馬券が怖い。20歳になってpatを開設してから少しずつ買っていた馬券の収支を計算したら驚いた。こんなに人間負けても少しずつ負けたら気づかないんだなって。別に馬券を買うことが悪い事ではないし稼いだ金は好きに使えばいいから馬券を買うのは全然いいと思う。でも、自分は2年間馬券を買い続けてきて少しくらいは勝ってると思っていたが冷静にデータにしてみると年単位ではしっかり負けている。馬券が怖い。

 

馬券が怖いといっても競馬が嫌いなわけではない。3連単や3連複の配当を見て10万馬券とかになっていた時に少し惜しかったなと思ってまた次も淡々と買ってしまう自分が怖い。何が怖いって馬券をいくら買ってもその先に光が見えない。

 

元々物欲とかはあまりないほうだと思っているので、例えば馬券で3万円とか5万円とかプラスになってもそのお金で馬券を買ってしまう。ゴールが見えない、怖い。Twitterのタイムラインを見てると普通にみんな1レースに1万円とか多い人になると10万円以上の大金を突っ込んでいたりするけど10万円あれば普通に家族で近距離にプチ旅行とかできる金額じゃないですか、知らないけどさ。

 

普段ラーメン屋でチャーシューをトッピングしようかどうか悩む人が馬券になると平気でラーメン1杯分の金額を賭けてるんですよ。怖くないですか。

 

っていうかそもそも100円が大金なのも忘れてた。小学生の時とかよく友達と駄菓子屋にいって100円分のお菓子何を買うか悩んでたじゃん、100円とは言わなくても1000円で銭湯行ったりジュース飲めたりして人は幸せになれるのになんでわけわからない馬に1万突っ込んで不幸せになってるんだ。本当に馬券怖い。

 

たまに当たるから余計たちが悪い。脳って悪い事は忘れるようになってるから当たった時の事ばっかり覚えてるんだよね。そうすると全体では自分の口座残高がジワジワ減ってもなんか負けてる気がしない。だって取り返せると思ってるんだもん。でも馬券って他の馬券購入者との金の奪い合いで金を奪い合う前に予め胴元が手数料引いてるから勝つことが難しい。これは体感値だけど馬券購入者のうちの8割は負けてる、負け続けてる。でも馬券を買うんだよ。意味が分からないよね。別に馬券を買えって強制されてるわけじゃないのに馬券を買うんだ。わけわからないよ。

 

麻雀のプロと一緒に麻雀したときに偶然配牌がよくて1戦勝てる可能性はあるが、試行回数が大きくなれば大きくなるほど勝てなくなるみたいな話をすればある程度の人には共感してもらえると思う。これと同じ現象が馬券の世界でも起きている。上手な人は年単位で勝っているが負けている人は悲しい事に本当に勝てない。でも馬券を買う。

 

冷静に過去のデータを見れば負けることが予測できるはずなのに自分だけは例外だと思ってたりして馬券を買うから怖い。競馬はスポーツとしてみればめっちゃ面白いし、パドックで馬を見るのは好きだけど2年間馬券を買い続けて自分は馬券で勝てる気がしないという結論に至った。というか、今のままの購入方法では馬券で絶対に勝てない。宝くじを投機目的でやる人がいないように馬券も投機目的でやる人なんて殆どいないのかもしれないが、やるからには馬券で勝ちたい。でもやっぱり勝てる気がしない。